メールマガジン

2016/04/12

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ326号】

『金融機関対応・資金調達Q&A』(その7)

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.326   平成28年 4月 12日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

このメールは、久保総合会計事務所の顧問先様と、セミナーにご参加頂いた方、
今までに名刺交換をさせて頂いた方にお送りしております。

「関西から日本を元気にしよう!!」をモットーに日夜奮闘している会計事務所
が送るメールマガジン。下記スケジュールで、新鮮な情報を配信中です!

 ☆‐ 毎月1日       「税務に関しての情報」
 ☆‐ 毎月15日 「社会保険・労働保険・助成金等の情報」
 ☆‐ 原則毎週火・金曜日 「経営・財務に関しての情報」

 * 配信を希望されない方は、お手数ですが本メール最後をご覧ください。

[目次]=================================
∥  
∥  ♪『金融機関対応・資金調達Q&A』(その7)♪
∥      Q13:
∥      「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」
∥      Q14:
∥      「資金繰りに時間が取られる。いつも気を使っている。」

∥===================================

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■◆経営コラム

   ♪『金融機関対応・資金調達Q&A』(その7)♪
      Q13:「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」
Q14:「資金繰りに時間が取られる。いつも気を使っている。」

   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

税務に付加して、金融機関対応と財務に対する強みを有することを宣言する当事
務所には、様々な相談が寄せられます。前回に続いて、一部をご紹介させていた
だきます。

Q13:
「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」

A13:
「売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。」創業当初から順調に業績を伸
ばされ、初年度から2億円近い売上(税引き前利益は700万円超です。)を計
上された社長様からのご相談です。極めて順調な立ち上がりですが、300万円
の資本金と、創業融資700万円、売上の割には小資本とも言えます。

○「再来月の売上が読めない。万が一、売上が急激に減少すれば倒産するのでは
ないか?日々不安だ。」とおっしゃっておられます。
・売掛金の回収サイトを、買掛金の支払いサイトよりも早く設定することで、増
  加の運転資金を伴わない成長を実現されています。
・月末の現預金残高は多いように見えますが、月中は極小になっています。不安
  なはずです。

○近未来の資金繰りシミュレーションを当事務所で実施しました。
※この「近未来の資金繰りシミュレーション」については、随時対応させていた
だきます。ご相談ください。社長様の安心材料になります。または、問題点が確
認できます。
・最悪な状況、売上高が前年比で通年20%ダウン(社長様コメント)した時の
  近未来の資金繰り状況は?
(結果)
赤字転落しますが、一年以内に資金繰りが切れることはない。
・粗利益率が2%上がった(当事務所提示)時の資金繰り状況は?
(結果)
社長様の想定以上に資金繰り・利益が増えることの気付き。
・当事務所より、資金調達計画を提示して、即刻資金調達できる(可能性大)旨
  を伝えて、この資金調達計画を資金繰り計画に織り込みます。
(結果)
社長様の不安の払しょくと、成長への確信を持たれる。
・新規の雇用計画、固定費増を織り込んで、近未来の資金繰り計画を立案しまし
  た。
(結果)
売上10%増、粗利益率2%増、固定費1,000万円増…、
  資金調達  3,000万円

○資金調達と継続的なフォローが重要です。
・上記計画に対する進捗管理を毎月行います。計画にずれがあれば、都度社長様
  と対応を協議します。
・必要な資金調達に関しては、当事務所が窓口になって適時行います。
・資金のダムを作って、そのダムの高さを維持し続けています。常に、月商の数
  か月分の資金を有しています。
・トラブルで、受注が一定期間滞った期間がありましたが、資 金余力があった
  ために、慌てずに対応することができました。

◎当事務所は、上記の様なサービスをご提供できます。税務に付加して、金融機
関対応を含む財務の機能を提供する「資金繰り円滑化サービス=財務部長の代行
業務」です。

Q14:
「資金繰りに時間が取られる。いつも気を使っている。」

A14:
余裕資金をほとんど持ち合わせていないために、月中の資金繰りを行っておられ
ます。10日の入金を15日の支払いに…、日々の資金残高を気にしながらやり
くりされておられます。当所で診断した結果、借入れ余力は十分にあります。

○借入れ余力があるにもかかわらず、手持ち資金を極小にして、その結果資金繰
りに時間と神経を使っておられる社長様は少なくありません。
・借入れに対する過度の嫌悪感がそうさせているのでしょうか?
・資金繰りを行うことも社長の仕事だと考えておられるのでしょうか?
・金利のコストが、社長の手間暇、社長が神経をすり減らすことより高いと考え
  ておられるのでしょうか?
・何かが起これば、最悪倒産の危機を迎えます。このリスクをどう回避するので
  しょうか?

◎月商の2か月分程度の資金を、通年を通して持ち続ける資金計画を作成し、運
転資金の調達、継続管理、借換えの継続実施を当事務所が行っています。今では、
「常に資金繰りを気にしながら生きてきた…早くこうすべきだった。」(社長様)
とおっしゃっておられます。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ