メールマガジン

2015/09/18

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ255号】

『リスケ交渉をスムーズに進めるための勘所』

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress  ~ 関西から日本へ ~
                       Vol.255      平成27年 9月 18日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

このメールは、久保総合会計事務所の顧問先様と、セミナーにご参加頂いた方、
今までに名刺交換をさせて頂いた方にお送りしております。

「関西から日本を元気にしよう!!」をモットーに日夜奮闘している会計事務所
が送るメールマガジン。下記スケジュールで、新鮮な情報を配信中です!

 ☆‐ 毎月1日          「税務に関しての情報」
 ☆‐ 毎月15日     「社会保険・労働保険・助成金等の情報」
 ☆‐ 原則毎週火・金曜日 「経営・財務に関しての情報」

 * 配信を希望されない方は、お手数ですが本メール最後をご覧ください。

[目次]=================================

∥   ♪  『リスケ交渉をスムーズに進めるための勘所』 ♪
∥   …リスケを考えている社長様はご確認ください。

∥===================================

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■◆実践コラム

          『リスケ交渉をスムーズに進めるための勘所』
          …リスケを考えている社長様はご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あるお客様からの相談です。「資金繰りが厳しいため、A行にリスケの交渉をし
たところ、『毎月20万円は返済してください。』と言われた。その後B行に行
くと、『当行はA行の3倍の融資残高があるので、返済もA行の3倍、60万円
の返済をしてもらわないと困る。』と言われた。80万円の返済はとても厳しい
状況だが・・・」

銀行がリスクを殆ど負っていない信用保証協会の保証付き融資は、比較的スムー
ズにリスケに応じてもらえますが、プロパー融資となると銀行の対応は途端にシ
ビアになります。ご相談に来られたお客様もプロパーの借入が多くありました。

銀行担当者の立場で考えてみます。「リスケに応じるという事は、『返済しても
らえる権利』を自ら放棄するという事だ。
リスケをすることで倒産を免れ、将来的にまた正常な返済をしてもらえるならメ
リットがあるが、リスケをした後に倒産しようものなら、『返済してもらえる権
利』を放棄したことが責任問題になる。リスケに応じず少しでも回収を進めなく
ては・・・」

(民間の)金融機関がリスケに応じるのは、リスケに応じた方が、応じないより
も回収額が増えるという客観的な判断が出来る場合のみです。よって、リスケの
交渉には、「このまま返済を続ければ、倒産という多大な迷惑をかけてしまう可
能性があるが、返済を待ってもらうことで倒産は回避出来、業績も回復する。そ
して数年後からは元通りの返済が出来るようになる。」というストーリーが必要
です。

但し、担保を入れている場合は注意が必要です。融資金を上回る担保があれば、
会社が倒産したところで回収に影響はありませんので、「リスケに応じて管理コ
ストが増えるより、さっさと担保を処分して融資金を回収し、別のお客様に融資
した方が得策だ。」と判断される場合があります。

もちろん銀行員も人間ですから、個人的には人間関係のある社長様を倒産に追い
込むようなことはしたくないはずです。「担保でいつでも回収出来るのだから、
少しぐらい待っても良いのではないか。」という考え方で、逆に寛容に対応して
もらえる場合もあります。すべてがビジネスライクに判断されるのではなく、感
情的な部分にも影響されるのが実情です。

社長様のお話によると、「個人で保有する収益物件を担保に入れている。これま
でも延滞を繰り返しているが、銀行に対して説明をしたことは一度もなかった。」
との事でした。担保による回収の算段がついており、心象も良くないことが、リ
スケに非協力的な要因のようです。延滞の放置は最も心象が悪くなる対応で、銀
行側が「相手が誠意を見せないのだから協力する必要もない・・・」と、倒産に
追い込むことを自己肯定する材料にもなってしまいます。

◆リスケ交渉をスムーズに進めるための勘所は以下となります。
・言い分があっても、契約を違えることは間違いないため、先ずはお詫びの姿勢
   が原則です。
・試算表や資金繰り表を提示して、リスケに応じてもらえれば「倒産しない」こ
   とを明確にします。
・概ね5年以内に業績が改善する計画を立て、リスケに応じてもらえれば「数年
   後には正常な返済が可能になる」ことを説明します。

建設的な議論にするため、まずは感情面の溝を埋めるところからスタートしまし
ょう。次に試算表や資金繰り表を用いて、現状を包み隠さずディスクローズしま
す。リスケに協力してもらえれば資金は回ることを説明し、さらに今後どうやっ
て業績を改善していくかも説明します。そして、これらの説明は口頭ではなく、
必ず文書で提出する必要があります。 
 

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ