メールマガジン

2015/07/30

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ236号】

『銀行対応の難しさについて』

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.236   平成27年 7月30日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

[目次]=================================


∥   ♪  『銀行対応の難しさについて』  ♪
∥ …銀行担当者の言葉に振り回されてはいけません。

∥===================================

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■◆実践コラム

  『銀行対応の難しさについて』
…個人保証の心配から解放されて、思い切った事業展開を行いませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある関与先様から、「銀行の担当者から役員報酬が少ないと言われた。社会保険
料の負担が大きくなるのであまり上げたくはないが、いくらぐらい上げたら良い
のでしょうか。」とのご相談がありました。現在の役員報酬は月額25万円です。

普通は、「適正な役員報酬額は粗利益の○%程度ですが、社会保険料と所得税の
負担が○円増えますので・・・」などと検討するのかもしれません。私は瞬時に
「無理して上げる必要はないですよ。」と回答しました。

銀行担当者は、なぜ役員報酬が少ないことを指摘したのでしょうか。まさか社長
の暮らしぶりを心配して「もっと役員報酬を取りましょうよ。」などとアドバイ
スしているはずがありません。「役員報酬が少ないですね。」という質問の真意
は、「本当は赤字ではないですか。」ということです。ご説明します。

当社の役員報酬は300万円です。決算書上の利益が100万円出ていても、本
当に必要な生活費が500万円だとすれば、実質の利益はマイナス100万円と
なります。銀行担当者は、役員報酬が少ないことを問題視しているのではなく、
実質赤字ではないかと心配しているのです。

当社の場合、同居している奥様と子息も一緒に働いており給与も出していますの
で、「役員報酬が300万円でも世帯収入は十分にあることを説明してください。
」とお伝えしました。銀行担当者の懸念はこれだけで解決します。

仮に銀行担当者の言葉を額面どおりに受け取っていたら、「適正な役員報酬額」
という難題の解決に時間を費やし、意に反して増える社会保険料を受け入れた挙
句、「役員報酬の増加により利益は減少」という、銀行担当者の真意とは全く反
対の結果になっていたところです。

このような銀行担当者とのミスコミュニケーションは至る所で起きています。要
因は、社長様ご自身だけでなく、社長様が相談している方も含めて、「銀行の考
え方を本当に理解している人は少ない。」ということです。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ