メールマガジン

2015/07/23

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ234号】

『個人保証を外すために必要なこと』

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.234   平成27年 7月23日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

[目次]=================================

∥   ♪  『個人保証を外すために必要なこと』  ♪
∥ …個人保証の心配から解放されて、思い切った事業展開を行い
∥                 ませんか。

∥===================================

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■◆実践コラム

  『個人保証を外すために必要なこと』
…個人保証の心配から解放されて、思い切った事業展開を行いませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

借入に消極的になる理由のひとつに、個人保証があります。
せっかく何か新しい事業に取り組みたいと考えても、借入まで行って挑戦するに
はリスクが・・・となるのは当然です。

金融庁は、中小企業経営者が思い切った事業展開を行えるよう、金融機関に対し
て個人保証に頼らない融資の取組を支持しています。

金融庁が公表している「経営者保証に関するガイドラインの活用に関する参考事
例集」の中から、事例をひとつご紹介します。

■ ある地域銀行の事例

経営管理の強化に取り組んでいる取引先に対して経営者保証を求めなかった事例

1.主債務者及び保証人の状況、事案の背景等 
・当社は、建設工事及び建材卸売業を営んでおり、建材卸売部門では大手メーカ
   ーや商社等と代理店・特約店契約を結んでおり、多種多様な商品(内外装タイ
   ル、ユニットバス、耐火壁、エレベーター等)を取り扱っている。 
・震災復興関連工事の受注の増加により増収基調が続いており、内部留保も厚く
   堅固な財務内容を維持している。 
・当行は、メイン行ではないものの、増加する震災復興関連工事に伴う資金需要
   に対応してきたところ、当社から短期資金の借入の相談があった。 
・また、借入の相談の際に、当行本部から送付されたガイドラインのパンフレッ
   トを見た経営者から、経営者保証を求めない融資の相談を受けたことから、ガ
   イドラインの内容を改めて説明するとともに、当社から提出のあった直近の試
   算表や工事概況調等を勘案しつつ、ガイドラインの適用要件等の確認を行った
   上で回答することとした。 

2.経営者保証に依存しない融資の具体的内容 
・当行の営業店では、案件受付票の作成に合わせ、今回新設した「経営者保証に
    関するガイドラインチェックシート」を活用し、適用要件の確認を実施してい
    る。当該手続による確認の結果、以下のような点を勘案し、経営者保証を求め
    ないで新規融資に応じることとした。 

(1)決算書類について「中小企業の会計に関する基本要領」に則った計算書類
          を作成し、地元の大手会計事務所が検証等を行っているなど、法人と経営
          者の関係の明確な区分・分離がなされていること 
(2)内部留保も厚く堅固な財務内容を維持しており、償還面に問題がないこと 
(3)四半期毎に試算表等の提出を行うなど、当社の業況等が継続的に確認可能
          なこと

・当社とは、長年の取引を通じてリレーションシップは十分に構築されている。
   震災復興関連工事の増加による業況の拡大が、ガイドラインで求められている
   返済能力の向上に寄与している面は否めないが、当社が、外部専門家による検
   証等を含め、経営管理の強化に従来以上に取り組むことを表明していることか
   ら、当行としても、業況の把握に留まらず、当社の経営管理体制の構築につい
   て引き続き積極的にアドバイスを行っていく方針である。

事例をご覧いただいた通り、個人保証を不要とするには要件があります。当該案
件の場合、下記の要件を満たしていることが、個人保証を求めない理由となって
います。

(1)決算書に信憑性があること。
(2)財務内容が良好であること。
(3)経営状況を継続的にディスクローズする体制が整っていること。

業況や財務内容の他に、高い経営品質を求められていることがお分かりいただけ
ると思います。しかし、中小企業にとって、経営管理の強化は、人材面、資金面、
スキル面において難しい課題です。

当事務所が提供している「資金繰り円滑化サービス」は、まさに金融機関を満足
させる経営品質を構築するための取組です。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ