メールマガジン

2015/06/15

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ220号】

「算定基礎届」

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.220   平成27年 6月 15日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

 

[目次]=================================
∥  
∥ ♪算定基礎届 ♪

∥===================================


■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■ 
   ■ 算定基礎届

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年7月は「算定基礎届」の提出時期です。算定基礎届の対象となるのは、その
年の7月1日現在の被保険者です。ただし、次のいずれかに該当する人は除かれます。

1.6月1日から7月1日までの間に被保険者となった人
2.4月・5月・6月のいずれかに昇給などで固定的賃金が変動し、7月・8月・9月の
  いずれかの月に「月額変更届」を提出する人
3.7月・8月・9月のいずれかの月に「産前産後休業終了時報酬月額変更届」または
「育児休業等終了時報酬月額変更届」を提出する人

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■ 
   ■ 算定基礎届 Q&A
   ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
算定基礎届Q&A
Q 毎年、4~6月に残業が多いと損をするのでは?

A 4~6月の残業が多いと標準報酬月額が高くなり、保険料の負担も大きくなります。
  7月以降はほとんど残業がなかったとしても、基本給などの固定的賃金が変動しなけ
  れば月額変更届による改定も行うことができませんので、1年間、保険料の負担は大
  きいままで「損をする」と言えるかも知れません。
そこで、このようなケースについては、過去1年間(前年7月~当年6月)の平均に
よって標準報酬月額が決定されるという特別な取扱い(「年間平均による保険者算定」)
があります。ただし、次の3つの要件を満たした上で申し立ての手続きが必要です。

1.4~6月で算定した額と過去1年間で算定した額に2等級以上の差があること
2.その差が業務の性質上例年発生すると見込まれること
3.被保険者本人が同意していること

~新しい標準報酬は9月分から~

新しい標準報酬月額は、原則9月(10月納付分)から翌年8月(翌年9月納付分)
まで適用されます。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ