メールマガジン

2015/05/20

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ216号】

あらゆるリスクを想定した合理的な判断とは

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.216  平成27年 5月20日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

[目次]=================================


∥     ♪ あらゆるリスクを想定した合理的な判断とは  ♪

∥===================================

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■
『あらゆるリスクを想定した合理的な判断とは』
…自己資金だけで事業を行っている経営者様へのご提言です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 先日、ある社長様がはじめて相談に来られました。
「資金繰りがショートしそうだ。いや既にショートしているか
もしれない。」というご相談です。会社は設立4期目で金融機
関からの借入はありません。社長様は、「個人で保有する数千
万円の資金を会社に貸付けている。いよいよ個人の資金も底を
突いてきたため、金融機関からの借入を決意した。」とのこと
です。

■ 新規の融資取引は時間がかかります。
初めて金融機関と融資取引をする場合、日本政策金融公庫、も
しくは保証協会の保証付融資を利用するのが一般的です。いず
れの場合も、新しく取引を開始する相手には慎重になりますの
で、審査に1か月程度の時間を要します。よって、急場の不足
資金を金融機関に頼ることはできません。当面の不足資金は何
とか自力で調達して頂くよう依頼しました。

■ 資金繰りが厳しくなればなるほど借入は難しくなります。
金融機関は原則として前向きな資金しか融資しません。事業
が上手く行っていない状態で、「資金繰りが厳しい。」と言えば
言うほど、「早く貸して欲しい。」と言えば言うほど、借入は
難しくなります。今よりも半年前、半年前よりも1年前、1年
前よりも創業時の方が、融資を受けやすかった事実をお伝えし
ました。

いま現在、自己資金だけで事業を行っている社長様にお聞き
します。もし、自己資金が底を突いたらどうしますか。想像力を
最大限に発揮して深く思考してください。

自己資金が底を突いた場合、「他人からお金を借りてまで事業
を継続する気は全くない。自己資金が無くなれば事業はきっぱ
りやめるつもりだ。」とおっしゃる社長様は今のままで問題あ
りません。しかし、融資を受ける可能性が少しでもあると考え
た社長様は、下記のどちらが適切な行動かを比較検討願います。

1.自己資金が無くなってから融資を申し込みに行ったが、
融資を受けられなかったため事業継続を断念した。

2.手元資金は十分にあったが、念のため融資を受けて手をつ
けずに置いていた。事業の立ち上げに苦戦して自己資金が
無くなった為、融資金を使って事業を継続するか、それと
も融資金をそのまま返済して事業を辞めるかを検討した。

1の場合、選択肢はありません。あの時融資を受けていれば良
かったと、後悔が残る結果です。2の場合、金利負担はありま
すが、いざという時に備えて選択肢を増やせます。あらゆるリ
スクを想定して対策を取るならば、2の方が合理的ではないで
しょうか。

自己資金だけで事業を行っている社長様、将来的に1%でも融
資を受ける可能性があるならば、今必要でなくても、借りられ
る時に借りておくことを強くお薦めします。初めて融資を申し
込む時は、分からないことも多くあると思います。弊所にて、
申し込み先の選定や、審査のポイント等、無料で丁寧にご説明
させて頂きます。是非、ご相談ください。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ