メールマガジン

2014/08/20

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ189号】

厚生年金未加入企業指導強化

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress ~ 関西から日本へ ~
        Vol.189  平成26年 08月20日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

[目次]=================================

∥ 
∥         ♪ 厚生年金未加入企業への指導強化 ♪

∥===================================

厚生労働省は、本来は厚生年金の適用事業所であるにもかかわらず未加入であ

る事業所について、国税庁から納税情報の提供を受けて特定をおこない、加入指
導を強化する方針を示しました。

厚生年金は、株式会社などの法人の事業所は従業員の人数にかかわらず強制適
用、個人事業主は常時5人以上の労働者がいる場合(一部例外あり)に強制適用と
なっております。しかし、中小企業などでは重い保険料を避けて加入せずにいる
ケースも見られます。

日本年金機構では、これまでも法人登記簿などを利用して未加入の事業所の把
握を進めていましたが、未加入事業所を特定することは困難でした。そこで国税
庁から所得税の源泉徴収をおこなっている企業の名称、所在地、給与支給人員な
どの企業情報の提供を受け、効率的に未加入企業の特定をおこなうとしています。
現在、所得税は納めているにもかかわらず、厚生年金に加入していない事業所
は約80万社、加入できていない会社員は約100万人いると見られています。

日本年金機構は年内に国税庁から情報の提供を受け、今年度内をめどにデータ
照合を実施、照合が終わり次第来年度にも未加入事業所を特定して文書、電話で
加入を求めるとしています。応じない場合は訪問指導、年金事務所への来所要請、
立入検査などをおこない、来年度から数年で全事業所の加入を目指すとしていま
す。

自主的に厚生年金の新規適用の届出を提出した場合は、原則として、提出した
月の初日から適用となっておりますが、悪質な事業所と判断された場合、または
強制適用を執行された場合は最大2年遡って適用されることもあります。そうなれ
ば、最大過去2年間の保険料の支払いも発生し、会社の負担額がより多くなって
しまいますのでご注意ください。

厚生年金(社会保険)の新規適用のお手続き、新規適用に関するご相談事等が
ございましたら、お気軽に久保社会保険労務士事務所までご連絡よろしくお願い
致します。

 

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ