メールマガジン

2014/06/16

くぼ ジャパンPress~関西から日本へ~【メルマガ180号】

日によって勤務時間が異なるパートタイマーの有給休暇

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

     くぼ ジャパンPress  ~ 関西から日本へ ~
                       Vol.180  平成26年 5月20日

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■ 日によって勤務時間が異なるパートタイマーの有給休暇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日によって勤務時間が異なるパートタイマーが有給休暇(年休)を取得した日
の賃金計算はどのようにすればいいのでしょうか?

 年休を取得した日の賃金の算定方法は以下の3通りあります。
  (1) 所定労働時間働いた場合に支払われる通常の賃金
  (2) 健康保険の標準報酬日額
  (3) 平均賃金

 一般的には(1)の方法を採用している会社が多いと思われます。しかしこの方
法では、計算方法は簡単ですが、パートタイマーは日によって勤務時間が違うた
めに、勤務時間の少ない日に年休を取ると損、勤務時間の多い日に取ったほうが
得ということになり、勤務時間の多い日ばかり年休を取得するという事態になり、
代替要員の確保等、会社の負担が大きくなる可能性もあります。

 (2)は社会保険の標準報酬月額を30で割った額ですが、パートタイマーは社会
保険を適用していない場合が多く、現実的ではありません。
 
 (3)の平均賃金とは3カ月の賃金総額を総暦日数で割った額か、時給の労働者の
特例である3カ月の賃金総額を総労働日数で割った額の60%か、どちらか高い方
が平均賃金となります。この場合(1)、(2)の額より相対的に低くなります。しか
も勤務時間の短い日、長い日どちらの日を休んでも日額が固定されるため、どち
らが得ということはなくなります。しかし毎回平均賃金の計算をしなければなら
ないため、事務の負担は大きくなります。

 どの方法を取るのが会社にとって良いのか、会社の実状を踏まえて、一度ご検
討されてはいかがでしょうか?

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介
  • 無料講演会・セミナー情報
  • 金融機関からの融資が有利になる「経営改善計画」の策定をご支援します!
  • 採用情報
  • TKC全国会

経営者の方にお得な情報

  • メールマガジン
  • 集客・売上・利益アップ情報
  • 社長のための経営雑学
  • 経営者のための銀行交渉術と最新税務情報
  • KJ NEWS

事務所のご紹介

事務所地図

大阪府大阪市城東区野江4丁目11番6号

アクセスマップはこちら

  • 税理士法人 KJグループ facebookページ
  • facebook 所長 久保 篤彦のページ