贈与税の非課税枠の活用

久保会計が提案する今からできる相続対策①~贈与税の非課税枠の活用

通常、財産を贈与するともらった人は贈与税を納めなければなりません。
​しかし現行の税制では、年間110万円までなら贈与税をおさめなくていい非課税枠があります。

注意点

例えば、この制度を活用し親が子に内緒で毎年100万円を積立てていった場合は贈与にはあたりません。
なぜなら、【贈与】とは本来民法上の贈与契約をいいます。
契約とはお互いが納得して成立するものです。上記のケースでは親と子がお互いに認識しなければなりません。

対策方法

【贈与を立証】する為に贈与契約書を作成したり、通常子が使用している口座に金銭を移転します。
もちろん通帳や印鑑は子が管理します。しかし更なる注意点があります。

更なる注意点

例えば毎年100万円ずつ10年間贈与し続け1,000万円移転するケースでは1,000万円を贈与したとみなされるかもしれません。つまり贈与開始一年目に1,000万円を贈与する契約を結び、あとは単に分割払いしているだけの状態です。
これを防ぐためには毎年金額を変える贈与の時期を不定期にするなど対策が必要です。

  • 無料相談会のお申込み ご相談だけでも大歓迎! 0120-86-7271
  • 連結納税(有利・不利)判定サービス
  • 総合型会計情報システム FX4クラウドのご紹介